令和2年度研修におきましては、新型コロナウイルス感染防止策策定による開始時期の遅れや会場の定員数削減により、受講申し込みに大変なご不便をおかけいたしました。また、年度途中から追加したリモートネットワーク研修は概ねご好評をいただき、3密を避けた集合研修も追加した結果、なんとか約3800名の方に受講いただくことができました。ご不便をおかけしたことを改めてお詫びするとともに、ご理解とご協力を賜り、誠に有難うございました。

令和3年度中小企業診断士理論政策更新研修につきまして、次の日程にて実施いたします。

昨年度途中で実施いたしました、Zoomミーティングを利用したリモートネットワーク研修を本年度も引き続き実施いたします(全28回)。
加えて従来の集合形式の研修につきましても、昨年同様新型コロナウイルス感染防止対策を施し、ソーシャルディスタンス・検温・手指消毒・会場定員を減らして実施をいたします(全15回)。

本年度は、リモートネットワーク研修を大幅に増やし、加えて1回の受講者数も昨年度より増やして実施する予定です。
従来の集合形式の研修につきましても大会場で行うことにし、リモートネットワーク研修と併せてこれまでより総受講人数を増やして実施する計画としております。
昨年度お申込みを見合わせた方におかれましては、この機会に受講をご検討ください。
なお、申し込み方法は昨年同様ウェブサイトからの手続きのみとさせていただきます。

研修課目など詳細につきましては「診断士更新研修」(https://www.j-smeca.jp/open/static/theorytrainingindex.jsfhttps://www.t-smeca.com/)および4月中旬発送予定の研修案内をご参照ください。